4月講座 キャベツ

今月から講座の資料と進め方を変えてみました。

野菜・果物の旬、選び方、栄養素から体への効能、食べ合わせなどを学んでいきます。 後からみても見やすい資料であるように作成しました。

「自分の体質にあった食材を選べるようになろう!」ということで

テーマの食材が温めるものか、冷やすものか、どちらでもないものかを表示することにしました。

 

今回のテーマ食材は「キャベツ」 (平)

キャベツに含まれるビタミンUが別名「キャベジン」であることを説明すると始めて知った方々は薬のキャベジンと結びつき、驚いた後とてもよく納得されていました。

そしてキャベツは冷やしも温めもしない野菜です。

芯を捨ててしまっていた方も多かったので、捨てずに食べましょうなどの話を織り交ぜながら栄養、選び方の説明をしました。

キャベツと言えばやっぱり体への効能は「胃」ということもあり胃がんの死亡率を皆さんと考え、胃の働き、症状別改善法、食事の仕方、避けたい食べ物などのお話をしました。

胃の働きや機能を知る事で、キャベツの栄養、食べ合わせを理解していただけたかな~と思います。

 

今回のメニューは

「ライスロールキャベツ」

「キャベツとグレープフルーツのサラダ」

「キャベツのシュークリーム」

 

キャベツのシュークリームはみなさん口にするまでドキドキされていました。しかもシュークリームの上に青汁パウダーかけられちゃってますし。唾液も止まりそうな苦いシュークリームのイメージ。

食べてびっくり!「キャベツの食感は感じられても、味は全然キャベツじゃない」「クリーム、クリーム」「これなら子供も食べれる~」なんていいながら楽しく食べてもらえました。

 

写真は料理ギャラリーをご覧ください。